航空科学博物館航空科学博物館

航空科学博物館の歴史

1978年〜1982年度

(財)航空振興財団に航空思想普及施設調査のための委員会

欧米各国航空博物館調査     (1978年度)

岩山地区に位置決定       (1979年度)

基本設計、測量及び土質調査   (1980年度)

展示及び設計の検討       (1982年度)

1982年 7月

展示物「YS-11試作1号機」成田空港へ空輸

1983年 11月

航空思想普及施設建設準備委員会

「航空思想普及施設建設基本構想」策定

1984年 5月

(財)航空科学振興財団設立許可申請(6月設立)

設立発起人代表者   笹川良一

初代理事長      木村秀政

6月

「航空博物館(仮称)建設趣意書」策定

8月

建物及び展示物に関する実施設計開始

12月

館名「航空科学博物館」決定

1986年 7月

試験研究法人等の認定

1988年 2月

航空科学博物館工事着手(平成元年5月完成)

1989年 3月

記念植樹(成田空港10周年関連)

8月

航空科学博物館開館(ライブラリー9月開始)

11-12月

企画展「パン・アメリカン歴史写真館」開催

1990年 2月

航空機模型 寄贈(山本博氏)

5月

4日最高来館者数(有料)1日5,528人記録

航空科学博物館ニュース第1号発行(季刊発行中)

9月

博物館登録(博物館法)

航空ジャンク市開催(以降春秋開催中)

1991年 2月

レストハウス建設

3月-10月

ボーイング創立75周年記念展示

4月

ボランティア制度開始

8月

「初心者のための航空教室」開催(以降年1回実施中)

1992年 9月

20日最高来館者数(無料)1日7,159人記録

1993年 11月

記念植樹(成田空港15周年関連)

1994年 1月

30日に入館者100万人達成

1995年 2月

歩行者通行路開設

9月

全日空ボランティア・グループYS-11整備

12-1月

企画展「全日空トリプルセブン展」開催

1996年 1月

元旦特別開館「博物館で初日の出と一番機を見よう」開始

本館2階にNAAコーナー開設

1997年 10月

企画展「成田空港開港20周年記念特別展」開催

1998年 6月

企画展「日本航空B747ジャンボ展」開催

1999年 3月

成田空港第1ターミナルビル新中央棟に

ミュージアムショップ「バイプレーン」開店

5月

16日入館者200万人達成

8月

開館10周年

2000年 4月

NAA・エコ・エアポートコーナー開設

8月

ホームページ開設

2002年 4月

NAA音の体験ルーム開設

2003年 4月

DC-8シミュレーター・リニューアル

8月

空港側から入場開始

2004年 8月

開館15周年

9月

入館者300万人達成

2005年 4月

ボーイング747-400大型模型とコクピット設置

2008年 4月

欧米航空博物館調査(2回目)

12月

アメリカより展示物リアジェット導入((株)成田空港美整社様ご寄贈)

2011年 8月

展示物747sec41 機内有料ツアーガイド開始

2012年 4月

公益財団法人 航空科学博物館に移行

8月

展示物747胴体断面設置

2014年 3月

NAAコーナー成田空港模型リニューアル

11月

展示物747主翼断面設置

12月

入館者500万人達成

2015年 2月

DC-8シュミレーターリニューアル

6月

バスターミナル開設

2016年 9月

モックアップANAボランティアによりリニューアル